4:免震建物(免震マンション)の点検・計測方法


 1.点検時期
 1.建物竣工時の竣工時検査
 2.毎年の目視を主体とする定期点検
 3.建物竣工後5年目、10年目、以後10年毎に行う計測を伴う定期点検
 4.震度5弱以上の地震、強風、水没などの災害後に行う応急点検
 5.異常が認められた時に行う詳細点検
 2.免震建物の主な点検項目

 2-1 免震装置
 積層ゴムなどの免震装置は以下の項目を点検します。
  1.ゴム表面に傷や変形がないかチェック
  2.ボルトナットに緩みがないかチェック
  3.鋼材部分に錆や塗装剥れ、傷などのチェック
  4.鉛直変位の計測
  5.水平変位の計測
ゴム表面チェック 鉛直変位計測 水平変位計測
ゴム表面のチェック 鉛直変位の計測 水平変位の計測


2-2 免震層内部及び建物外周部状況
 積層内部や建物外周部は以下の項目を点検します。
  1.免震層と建物のクリアランスが確保されているかチェック。
  2.可燃物や障害物がないかチェック。
  3.排水状況のチェック
  4.建物位置下げ振りのチェック
建物位置 免震層内のチェック 免震層外周部
建物位置下げ振りのチェック 免震層内のチェック 免震層外周部


2-3 設備配管・電気配線
 設備配管と電気配線が地震による建物移動に追従できるか確認します。
設備配管のチェック 電気配線のチェック
設備配管のチェック 電気配線のチェック



  ■点検・計測に関するお問い合わせ先 (担当者:野澤)
TEL  050-3551-4215(平日9:00〜18:00)
FAX  050-3551-4215
メール   dkmiyabi@v006.vaio.ne.jp




ご質問・問合せ等は  dkmiyabi@v006.vaio.ne.jp まで
© 1998-2017 デザイン工房 雅